お茶に含まれているカテキンがむし歯菌の活動を抑制する

お茶がむし歯金の抑制するということが下記の記事で確認されました。 お茶に含まれるカテキンの1種がむし歯菌の活動を抑制する、東北大が確認 東北大学は6月2日、ミュータンスレンサ球菌を含むむし歯(う蝕)関連菌4種に対する、緑茶に含まれる主なカテキン4種類のうちで最も多い「エピガロカテキンガレート」の抗菌効果を調査した結果、緑茶と同等の濃度であれば、むし歯関連菌を死滅させはしないものの、重要なう蝕原性である「糖からの酸産生」を抑制し、菌を凝集させる(結果として歯への付着を防げる)ことが明らかになったと発表した。   むし歯予防はキシリトールが有名だと思いますが、 それとは異なる方法でお茶もむし歯の抑制をしてくれるので、 是非この機会に子供から大人までお茶を飲むことをおすすめします。 お茶を飲むならSTAY HOME Green Tea。   STAY HOME Green Tea(パウダー緑茶) オシャレなパッケージのパウダー緑茶 茶葉をそのまま丸ごと粉末状したもののため、急須でいれるお茶よりも約3倍以上栄養素を摂取できます。 粉を入れて水を入れ、混ぜるだけでのくことができますので、是非この機会にお試しください。 購入はこちら

続きを読む

韓国でヒット中「アイドル水」でむくみと便秘の解消をこれから検証してみる

皆さんアイドル水というものをご存知でしょうか? 韓国でヒットしていて、むくみがとれて頑固な便秘も解消されるとのこと。 こんな記事を見つけましたので、読んでみてください。 韓国で大ヒット!自宅で簡単に作れる「アイドル水」でむくみと便秘を撃退   そもそもアイドル水とは? アイドル水とはレモンと緑茶と砂糖を混ぜた飲み物です。 これか韓国のアイドルが飲んで痩せたとことで広がったとのことです。 上記の記事より 同志社大学生命医科学部糖化ストレス研究センターの八木雅之教授らの研究によれば、米飯を食べる前にレモン果汁をとると食後の血糖値の上昇を抑えられることがわかっている。 「食後の血糖値の上昇をゆるやかにすると、ブドウ糖が中性脂肪に変わるのを抑えることができ、ダイエット効果がもたらされます。  ですから、血糖値の上昇をゆるやかにするために食事の20分ほど前にアイドル水を飲んでみましょう。そうすることで無理なくダイエットを続けられると思います」 科学的根拠があるので、ダイエットするなら飲んでみたほうがいいですね。   「レモンの香りや刺激は交感神経を高めて満腹中枢に働きかけ、空腹ホルモンといわれる『グレリン』を抑え、満腹ホルモン『レプチン』の分泌を促します。  食事の20分ほど前にアイドル水を飲んでおくと満腹になる前にレプチンが分泌され、食べすぎの予防に効果的です」 食べすぎが予防になるというのも嬉しいですね。   アイドル水の作り方 作り方は色々ありますが、私は下記の方法で手軽に飲めるようにしています。 STAY HOME Green Tea 10振り アミノ酸 小さいスプーン1/3 砂糖 小さいスプーン1/2 水 350cc STAY HOME Green Teaがパウダー緑茶のため、 すぐに作れ、且つ栄養素も急須で入れる直茶の約3倍ありますので、便利です。 レモンの代わりにアミノ酸(粉)を入れいているので、これまた便利です。 作り方は人それぞれ異なると思いますので、好みで量は変えてもらえればと思います。   まずは実践 私自身ダイエットもしていきたいので、実践していきます。 自宅と会社にアイドル水を飲める環境を5/22に作りましたので、 これからアイドル水をチャレンジしていきます。

続きを読む

緑茶コーヒーダイエットというものがありました

ダイエット方法は数多くありますが、
緑茶を使ったダイエット方法がありましたので、紹介します。

1か月で平均-6.2kg減!「緑茶コーヒーダイエット」のやり方と効果を医師が解説

続きを読む

「緑茶」の健康効能と、期待できるダイエット効果について

緑茶のダイエット効果について研究をもとに解説していきましょう。緑茶=減量できる」と安直に保証することはできません。ですが、減量(体脂肪低下)が期待できる理由はいくつか存在します。
続きを読む

お茶でコロナ無害化?続報

以前書きました お茶でコロナ無害化? の続報が入りました。コロナウイルスはカテキンにより約99%減少させられた 実験上ではコロナウイルスがお茶のカテキンによりコロナウイルスを約99%減少させたとのことでした。しかし、人体内で実験と同じことが起きるという保証はないとのことです。
続きを読む

緑茶は糖尿病や認知症のリクスを下げる?

緑茶の面白い記事を見つけました。   緑茶に含まれるテアニンに注目した記事 「緑茶」は1日に何杯飲むといい? 糖尿病や認知症のリスクを下げるという報告も   私自身専門家ではありませんので、分かる範囲での解釈になりますが、引用を含めて説明します。   テアニンとは   糖尿病のリスク低減に働く可能性が明らかとなったため、若いうちから飲んでおくといいのではないかと思います。   テアニンとは、緑茶に含まれるうま味成分。これまでは、主にリラックス効果をもたらす成分として知られていましたが、2019年5月に発表された研究結果で「2型糖尿病の発症リスク低減」に働く可能性が明らかになりました。   緑茶を1日何杯飲むことがいいか?   基本的には2杯以上飲むといいそうです。   テアニンは、体のなかでグルタミンとエチルアミンという成分に分解されます。緑茶を一日に2〜3杯以上飲む生活をしている人は、血中のエチルアミンの濃度が高いことがわかりました。 さらに、エチルアミンの濃度が高い人は、血中にエチルアミンをほとんど含まない人に比べて30%ほど糖尿病になりにくい、というデータが出たのです   何歳くらいから緑茶を飲むといいのか?   30代くらいからしっかりと飲み始めると認知症や糖尿病になりにくくなるそうです。   アルツハイマー型認知症の場合、50代ごろから脳を萎縮させる成分が蓄積し始めると言われています。30〜40代の若いときから、認知症、糖尿病になりにくい生活を心がけることが、予防効果を高めるためにも大切だと考えます   まとめ   30代くらいから1日2杯以上緑茶を飲み始めると認知症や糖尿病になりにくいそうですので、栄養素の高いパウダー緑茶ですとさらに効果がみこめるのではないかと思います。 個人差はありますので、まずは試してみることをオススメします。 ご家族や、大切な人にプレゼントとして渡してみてください。   STAY HOME Green Tea 購入はこちら

続きを読む