40代向けコレステロールが高い人に毎日飲んでもらいたいグリーンルイボスティー

40代向けコレステロールが高い人に毎日飲んでもらいたいグリーンルイボスティー

40代近くになると今までと同じ生活をしていても、
身体が変わってしまったのか、健康診断に引っかかることが多くなります。

事前に何か対応できていれば良いのですが、
なかなか悪い結果が出てから出ないと動けないというのが
正直なところだと思います。

特にコレステロールは40代になると健康診断の判定が悪くなることが多いです。

そのため、コレステロールに関して学びたいと思います。

コレステロールとは?

コレステロールとは、血液の中に流れる脂質の一種です。

人体を形成するうえで必要不可欠な要素で、体の動きを滑らかにする働きをしています。

肝臓でつくられたコレステロールは血液(血管)によって全身に運ばれ、余分なコレステロ ールは血液で肝臓に戻ってきます。その際、HDL(善玉)コレステロールは血管の壁などにたまったコレステロールを取り除いて集め、もち帰ります。しかし、悪玉(LDL)コレステロールは、全身にコレステロールを運ぶだけで、使わないコレステロールを血管や末梢の組織に置いてきてしまいます。

そのため、悪玉(LDL)コレステロールは120を超えたあたりから健康に悪影響を与えると言われています。

コレステロールが高いとなぜ悪いのか?

コレステロールが高いと、健康上の合併症のリスクが高まります。

コレステロール値を放置すると、動脈硬化を引き起こし、動脈が硬化して狭くなり、流れる血液の量が少なくなります。

コレステロールが引き起こす病気は?

脳卒中や心筋梗塞を引き起こす危険性が高くなります。

  • 動脈硬化などのコレステロール関連疾患
  • 頸動脈に脂肪が蓄積して閉塞し、脳卒中のリスクを高める頸動脈疾患
  • 心臓病の中でも最も一般的なタイプである冠状動脈性心臓病
  • 動脈や静脈にコレステロールが蓄積し正常な循環が妨げられることによる腎臓病

コレステロールが高い人は、定期的に食生活を改善し、医師の診察を受けてコレステロール値を調べ、コレステロール値を下げるための薬の可能性について相談することをおすすめします。

コレステロール値に良い影響を与える成分

コレステロール値にプラスの影響を与える可能性が最も高いのは、「善玉コレステロール」(HDL)を増やし、「悪玉コレステロール」(LDL)を減らすことが期待される有望な天然成分の1つ、アスパラチンです。

研究では、アスパラチンが総コレステロール値、LDLコレステロール値、トリグリセリド値を減少させ、コレステロール値の改善に寄与することが示唆されています。

また、アスパラチンが肝臓の機能を向上させ、脂質とコレステロールの代謝を助けることが研究で示唆されています。

このように、アスパラチンは、コレステロール値を改善しようとする人にとって、有望な成分と考えるのは妥当なことです。

アスパラチンは何に含まれているの?

アスパラチンが多く多く含まれているものはグリーンルイボスティーです。

グリーンルイボスティーは、抗酸化物質が豊富なことで知られていますが、最近の研究では、アスパラチンも特に豊富である可能性が示唆されています。

グリーンルイボスティーを飲むと、代謝とコレステロールのバランスの改善の恩恵を受ける可能性があります。

このように、グリーンルイボスティーは、コレステロール値を改善したい人に非常に有益であると言われます。

グリーンルイボスティーは癖がなく非常に飲みやすい

og2x

グリーンルイボスティーの味はルイボスティーと少々異なり、ルイボスティー独特の味のクセがなく、非常に飲みやすい味となっています。

そのため、ゴクゴク飲めてしまうので、お茶や水代わりに飲むのにも適しています。

グリーンルイボスティーでおすすめはOG2x

グリーンルイボスティーは様々なものが販売されていますが、その中でもおすすめはオーガニックグリーンルイボスティーの「OG2x」です。

オーガニックで水出しもでき、南アフリカから直輸入をしているため、現地で厳選したグリーンルイボスを使用しています。


OG2xは水出しもできる

作り方はティーバッグを入れて煮出すのが一番良いです。

面倒なときにはOG2xは蒸気での殺菌をしているため、水出しも可能です。

夜に水にティーバッグを入れて冷蔵庫に入れておくと
翌朝にはグリーンルイボスティーが出来上がっているためので、
簡単に作ることができます。

一度お試ししてみることをおすすめいたします。

 

OG2x(オーガニックグリーンルイボスティー)
2023年1月11日までセット商品は30%OFFのセール中です。
OG2x
ボタン
ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。