緑茶は糖尿病や認知症のリクスを下げる?

緑茶の面白い記事を見つけました。   緑茶に含まれるテアニンに注目した記事 「緑茶」は1日に何杯飲むといい? 糖尿病や認知症のリスクを下げるという報告も   私自身専門家ではありませんので、分かる範囲での解釈になりますが、引用を含めて説明します。   テアニンとは   糖尿病のリスク低減に働く可能性が明らかとなったため、若いうちから飲んでおくといいのではないかと思います。   テアニンとは、緑茶に含まれるうま味成分。これまでは、主にリラックス効果をもたらす成分として知られていましたが、2019年5月に発表された研究結果で「2型糖尿病の発症リスク低減」に働く可能性が明らかになりました。   緑茶を1日何杯飲むことがいいか?   基本的には2杯以上飲むといいそうです。   テアニンは、体のなかでグルタミンとエチルアミンという成分に分解されます。緑茶を一日に2〜3杯以上飲む生活をしている人は、血中のエチルアミンの濃度が高いことがわかりました。 さらに、エチルアミンの濃度が高い人は、血中にエチルアミンをほとんど含まない人に比べて30%ほど糖尿病になりにくい、というデータが出たのです   何歳くらいから緑茶を飲むといいのか?   30代くらいからしっかりと飲み始めると認知症や糖尿病になりにくくなるそうです。   アルツハイマー型認知症の場合、50代ごろから脳を萎縮させる成分が蓄積し始めると言われています。30〜40代の若いときから、認知症、糖尿病になりにくい生活を心がけることが、予防効果を高めるためにも大切だと考えます   まとめ   30代くらいから1日2杯以上緑茶を飲み始めると認知症や糖尿病になりにくいそうですので、栄養素の高いパウダー緑茶ですとさらに効果がみこめるのではないかと思います。 個人差はありますので、まずは試してみることをオススメします。 ご家族や、大切な人にプレゼントとして渡してみてください。   STAY HOME Green Tea 購入はこちら

続きを読む